重要なお知らせです。

 石川県西田幾多郎記念哲学館からのお願い
 新型コロナウィルス感染拡大防止のため、当館では新型コロナウィルス感染拡大防止に取り組んでまいります。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
 ご利用の際は、当館での感染拡大防止の取り組みについてご協力をお願いいたします。
※貸館の予約については「新しい生活様式」により利用者制限を設けておりますので必ず予約の際にご確認ください。
※今後の感染の状況により期間が変更となる場合があります。
ご迷惑をおかけしますが、ご理解賜りますよう何卒お願い申し上げます。
 新型コロナウィルス感染症による当館イベントの状況について
 現在、新型コロナウィルス感染症に伴うイベントの開催変更はありません。
 過去の対応状況はこちら
 ただし、今後の感染状況によっては急遽、変更・中止の場合があります。
 その際はホームページ・FaceBook等でお知らせいたします。

近日開催の講演会・講座・各種イベント


 企画展「頂天立地自由人―西田幾多郎の青春時代―」 
 
 会期:令和3(2021)年10月5日(火)~令和4(2022)年3月21日(月・祝)

 西田幾多郎は学生時代を「私の生涯において最も愉快な時期であった」と回顧しています。
 移り変わる明治期に、進歩的な精神のもと自由奔放にふるまい、青春を謳歌した幾多郎と仲間達。大哲学者の青春時代を紹介します。
企画展関連イベント 朗読と座談会「幾多郎と仲間達」 
 企画展「頂天立地自由人―西田幾多郎の青春時代―」関連イベントとして、
「朗読と座談会」を行います。

朗 読:茶谷幸也氏(西田幾多郎のエッセイを朗読)
座談会:金沢ふるさと偉人館副館長(学芸員) 増山 仁氏
    鈴木大拙館学芸員 猪谷 聡氏
    聞き手:西田哲学館専門員(学芸員)・山名田沙智子

2022年2月11日(金・祝) 14:00~15:30
場所:哲学館5F展望ラウンジ 参加費:無料
定員:20名/要申込、先着順
※2022年1月4日より受付開始   
※名前・住所・電話番号をお知らせ下さい
 禅文化体験会~哲学館で坐禅をしてみよう~
 西田幾多郎に多くの影響を与えた禅の世界を体験してませんか?                坐禅初体験の方も大歓迎です。

日時:令和4年2月5日(土)17:00~19:00
講師:ゲッペルト昭元氏(観音寺住職)
会場:哲学館 地下ホワイエ
定員:20名(中学生以上)
参加費無料:要申込、先着順
※1月4日(火)から申込受付開始
※名前・住所・電話番号をお知らせください。
 2021年度本の展示会「哲学する本棚『マスク/顔』」
 
 新型コロナで、マスク姿がすっかり日常になり、他人の素顔を見ることが少なくなった今だからこそ、マスクと顔について考えてみたい。そういう本を50冊選びました。
 哲学館ホワイエに期間限定の読書空間が出現します。本を手にとって、読んで、考えてみてください。

■本の展示会
展示期間 2022年1月15日(土)―3月13日(日)
場所:哲学館B1Fホワイエ〈入場無料〉
■哲学カフェ(対面)
会 場・時 間:哲学館地下ホワイエ 13:30~15:30
定 員・参加費:10名(要申込・先着順)無料
進 行 役:中嶋優太(西田哲学館専門員)
開催日・テーマ:①1月29日(土)「化粧をすることは必要か?」
          ②3月12日(土)「本当の私ってなに?」
■オンライン哲学カフェ(Zoom)
会 場・時 間:オンライン会議システムZoom 19:00~21:00
定 員・参加費: 10名(要申込・先着順) 無料
進 行 役:中嶋優太(西田哲学館専門員)
開催日・テーマ:2月25日(金)「顔を突き合わせることは必要か?」
※オンライン哲学カフェのお申し込みはこちら https://sites.google.com/view/book2022-nishidatetsugakukan
チラシリンク先 2022hondana.pdf

 【2021年度 西田幾多郎哲学講座】年10回
 
 

1990年から続く一般対象の哲学入門講座です。様々な角度から哲学・宗教・芸術・倫理などについて学びます。

1回から受講できますので、気軽にご参加ください。

 

受講料 1回:500円、年間:2,000

4回以上参加予定の方は、年間受講がお得です。

※各回受講から年間受講への変更はできませんので、ご注意ください。

※講座が中止になった場合、年間受講料の返金はいたしかねますのでご了承ください。

受講をご希望の方は、住所・氏名(フリガナ)・電話番号を、葉書・電話・FAXE-mailなどにて、お申し込みください。

各回受講:各講座の1ヶ月前から受付を開始します。

年間受講:申し込みは随時受け付けております。

5月8日(土)
13:30~15:30  
日本における終期末ケアと死生観
 -コロナ禍の中で考える- 
浅見 洋 氏
石川県西田幾多郎
記念哲学館館長
7月3日(土)
13:30~15:30
延期(日程未定)
神秘主義思想家ヤ-コプ・ベーメの生涯とその時代  
岡村 康夫 氏 
放送大学
山口学習センター所長
山口大学名誉教授

7月4日(日)
10:00~12:00
延期(日程未定)
ヤーコプ・ベーメの思想 -無底と戯れ-
7月17(土)
13:30~15:30
死の形而上学
 -エピクロスによる死の分析を起点に-
三浦 要 氏
金沢大学教授
人間社会学域人文学類長
 
9月18日(土)
13:30~15:30
災害の倫理(1)安全と自由 児玉 聡 氏
京都大学准教授 
9月19日(日)
10:00~12:00
災害の倫理(2)緊急事態と資源配分
10月23日(土)
13:30~15:30
「デザイン思考」を考える 永井 由佳里 氏
北陸先端科学技術大学院大学
理事・副学長
 
12月11日(土)
13:30~15:30
鈴木大拙の境涯 木村 宣彰 氏
鈴木大拙館館長
大谷大学元学長
 
3月19日(土)
13:30~15:30
京都学派の二人の創設者
 -西田幾多郎と田辺元の出会い-
嶺 秀樹 氏
関西学院大学名誉教授  
3月20日(日)
10:00~12:00
西田・田辺論争
 -批判と応答-

 2021年度後期寸心読書会
『西田幾多郎講演集』を読む―「宗教の光における人間」―
 
 1947年から続いている、一般の人を対象とした読書会です。西田幾多郎の講義や講演を収録した講演集を読み進めます。初めて読む方も、一人ではなかなか読むことができないという方も、お気軽にご参加ください。
講  師  山本 英輔 氏(金沢大学教授)
定  員  50名 ※要申込、先着順(年間受講できる方)
参加費   無料
テキスト  『西田幾多郎記念講演集』(岩波文庫)
      テキストをご持参ください。哲学館でも購入できます。
時 間   13:30~15:00
第1回  9月25日(土)  「宗教の光における人間」とは
 『西田幾多郎講演集』(岩波文庫)に収録されているテキストの一つで、西田が1913年から翌年にかけて京都大学で行った宗教学講義の講義記録の最終章(第6章)だけを取り出したものです。この講義記録は、西田の弟子、久松真一が自身の受講ノートと西田直筆の講義ノートを参考にしながら講義を再現したものといわれています。宗教学の講義ですので、宗教学の基礎知識と宗教についての西田の考え方を同時に学ぶことができ、西田の宗教哲学の最良の手引きとなっています。
 年度内に「宗教の光における人間」を読み終えた場合は、『西田幾多郎講演集』(岩波文庫)に収録された他の講演集を読み進めます。
第2回  10月30日(土) 
第3回 11月27日(土)
第4回  12月25日(土) 
第5回 1月22日(土)
第6回 2月19日(土)
第7回 3月26日(土)


このページの先頭へ